この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

この親知らず、抜くべき?

こんな親知らずは危険?

親知らずには、完全埋没や水平埋没、半埋没など種類があります。そしてこれらが親知らずを抜かなければならなくなる症状を次々と引き起こしてきます。
まず、埋没してうまく生えることができなかった歯は変な方向に生えていきます。それが隣の歯を圧迫したり、歯茎の神経を圧迫したりして痛みを引き起こします。それがよくある親知らずの痛みの原因となるんですね。
もう一つに、親知らずは一番奥に生え、しかも変な生え方をしてくる場合が多いので、当然歯磨きの際、磨き残しがほかの歯よりも多くなります。そうすると、当然ですが虫歯や歯周病にかかりやすいわけです。そして放置しておくとほかの歯にも広がってしまうので、そういった場合は至急抜歯するべきでしょう。

抜かなくてもいい親知らず?

さきほどは抜いたほうがいい親知らずを紹介しましたが、実は抜かなくてもいい親知らずもあるんです!親知らずは変な生え方をするためそれによって悪さをし、親知らずイコール抜いたほうがいいというイメージがありますが、まっすぐ生えてきてくれた親知らず、つまりほかの歯と同じように生えてきてくれた親知らずは抜かなくても大丈夫なんです!
親知らずを抜くべき主な要因として、他の歯を圧迫したり、うまくブラッシングできないことによって起こる虫歯や歯周病などの観点から抜くべきと説明しましたが、正常に生えてきてくれた親知らずの場合、これらの心配はありません。なので抜歯せずにそのまま放置してオッケーなんです!
しかし、どうしても気になるという場合は歯医者さんとそうだ相談しましょう。


TOPへ