この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

親知らず、あんまり抜きたくないんだけど…という場合は?

親知らずが原因?お口の病気いろいろ

親知らずは変な生え方をしてくるもの。食べ物ののこりかすのようなヨゴレが親知らずのすきまに溜まり、虫歯や歯周病をひきおこします。
防ごうとブラッシングをしても、親知らずとその周辺の歯との間に溜まったヨゴレはそうそう落ちるもんじゃありません。さらに、無理やりブラッシングすることでそのヨゴレをもっと親知らずと正常な歯との間に押し込んでしまう可能性もあります。
このような状態になってしまうと、ヨゴレは腐り始め、周囲の歯茎に炎症を起こしてしまいます。この炎症を智歯周囲炎と呼びます。
智歯周囲炎は単に痛むだけでなく、開口障害や全身の倦怠感、発熱などを引き起こすとともに、広がってしまうとさらに扁桃周囲炎や顎炎,口底炎などさまざまな症状を引き起こしてしまいます。

親知らずで歯並びが悪くなる?

親知らずが原因で歯並びが悪くなるとはなんとも衝撃的で信じがたいことですが、残念なことにこういったケースは多々見られるようです。
歯には、何か支えがなければ自然と歯たちは口の先端の方に傾いたり、移動しようとするそうです。これはゴードンの法則と呼ばれ、正常な歯並びの場合は歯たちはお互いに支えあうことで、バランスを崩すことなく正常な歯並びを保つことができます。しかし、変な方向に生えてきた親知らずは正常な歯たちとは違い、自分を支えてくれる歯がいません。なので、口の先端の方に傾いたり、移動したりし始めます。それによって親知らずは歯全体を押し、圧迫し始めることで少しずつ正常だった歯並びを悪くしていくのです。


TOPへ